根本こうじさん頑張れ!!茨城県稲敷市/市長選挙

稲敷市市長選挙に出馬される根本こうじさんのファンブログになります。稲敷の未来をあずけるにふさわしい人を応援していきます

稲敷市長選挙 投票してきました

稲敷市長選挙、期日前投票に行ってきました。当日は予定があるため期日前投票です。もちろん根本こうじさんにです。

 

以下稲敷市期日前投票制度のページから参照です。

 

期日前投票制度」

選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが、期日前投票制度は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じ方法で投票を行うことができる(つまり、投票用紙を直接投票箱に入れることができる)仕組です。

【対象となる投票】
選挙人名簿登録地の市区町村で行う投票が対象となります。

【投票対象者】
選挙期日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど一定の事由に該当すると見込まれる者です。投票の際には、宣誓書に列挙されている一定の事由の中から自分が該当するものを選択します。

【投票期間】
選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です。

【投票場所】
各市区町村に1カ所以上設けられる「期日前投票所」です。

【投票時間】
午前8時30分から午後8時までです。

【投票手続】
期日前投票は、選挙期日の投票所における投票と同じく確定投票となるため、基本的な手続きは選挙期日の投票所における投票と同じです。

投票制度 | 稲敷市公式ホームページ

 

 

不在者投票制度


仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会不在者投票ができます。また、指定病院等に入院等している方などは、その施設内で不在者投票ができます。

選挙期日には選挙権を有することとなるが、選挙期日前において投票を行おうとする日には未だ選挙権を有しない者(たとえば、選挙期日には18歳を迎えるが、選挙期日前において未だ17歳であり選挙権を有しない者など)については、期日前投票をすることができないので、例外的に名簿登録地の市町村の選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。

【名簿登録地以外の市区町村の選挙管理委員会における不在者投票
・ 名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に、直接または郵便等で投票用紙など必要な書類を請求します。この場合、どこで投票したいかを伝えます。

・ 交付された投票用紙などを持参して、投票する市区町村の選挙管理委員会に出向きます。


【指定病院等における不在者投票
手続は、上記とほぼ同じです。投票用紙などは、病院長等を通じて請求することができ、投票は病院長等の管理する場所で行います。
※「指定病院等」とは、都道府県の選挙管理委員会不在者投票のために指定した病院・老人ホーム等です。


【郵便等による不在者投票
名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に投票用紙など必要書類を請求し、交付された投票用紙に自宅等自分のいる場所において記載し、これを郵便等によって名簿登録地の市区町村選挙管理委員会に送付します。

 

不在投票制度とか知らなかった。。。